静岡県浜松市の薬局ファーマシーコスギ。
百の治療より1つの予防を!病気の根っこを治せばいつも笑顔で健康に過ごせます。
「病気にならない健康づくり」を手がける薬局ファーマシーコスギです。

夏に起こりがちな脳梗塞

それにしても毎日大変な猛暑が続いていて、すでに夏バテ気味の方が多く見受けられますが、皆さん体調はいかがですか?


夏は熱中症だけでなく、脳梗塞・心疾患が発症しやすい時期となります。

つい最近も、皇后さまが胸の痛みを訴えられて虚血性心疾患の疑いがあるということで、さらに詳しい検査を受けられるというニュースが流れたばかりです。

暑くなると、汗で水分・ミネラルなどが体外に出ていき、血液も濃くなり、血管も詰まりやすくなってきます。

心臓に栄養を送る冠状動脈でも血液の流れは悪くなり、一時的に血液が行きにくくなったりすると、胸の痛み、背中の痛みなどの症状が現れてきます。

この症状を放っておくと、本当に詰まってしまって命とりになる心筋梗塞にまで進んでしまうので、初期の段階で専門の医師に診てもらうことが何よりも大切です。


脳でも同じ事が起こり、夏こそ脳梗塞の危険性が高まります。

発作の起こる前に次のような隠れ脳梗塞の症状が起こることも多く、この段階で医師にかかることが、寝たきりの状態を防ぐためには是非とも必要になります。


その隠れ脳梗塞の症状とは、

☆ものにつまづきやすい。

☆フラフラしてまっすぐ歩けない。

☆ものが二重に見えたり、片方が見えない。

☆片方の手足がしびれる。

☆急に手足から力がぬける。

☆言葉が出てこない、理解できない。

☆急にめまいがするようになった。

☆片足を引きずっていると言われる。


などです。

又、一度脳梗塞にかかったことがある方は特に注意が必要です。

再発しやすく、二度目の症状は重くなりがちだからです。

お医者様の薬をきちんと飲んでいたにもかかわらず、再発しやすいのが脳梗塞です。

当店では、お医者さんの薬も飲みながら、再発を予防する働きのあるサプリメントをオススメしています。

心配な方、先ずはお気軽にご相談にいらっしゃって下さいネ!(^^)!